Bridal Photo Service EasterEgg

TEL.03-5726-8528

RAW現像処理とカラーマネージメントシステム

デジタルデータの昇華

Shootingでも触れましたが、RAWデータとは非常に優れた写真データです。ただし、このデータを適切に扱う知識とスキルがなければ、一転やっかいなものに成ります。 この点、JPGデータは皆さんにも馴染みがあり、ハンドリングも非常に良いデータです。しかし、JPGデータは完成品。フィルム時代の感覚で言えば「写真」そのものです。 「写真」が思った色にプリントされていなかったら、「ネガ」から焼き直すことで大幅に改善されます。しかし、「写真」そのものからではどうにもなりません。無理してカラーコピー機などで色味を変えてみますか?結果は想像するまでもないでしょう。

上の画像をご覧下さい。一番目の画像は最高の状態に保存したJPGデータです。真ん中の画像はほんの僅か(1/16,770,000)色味を変え、都度元に戻し5回上書き保存したデータです。さらに一番下の画像は同じ条件を50回繰り返し、上書きしたデータです。ここで一番注目すべきは、ほんの些細な変更でも上書きすると、ここまでJPGデータは劣化してしまうことです。

これはjpgデータが画像修正には向かないと言う事を如実に表しています。JPG画像を元に明るくしたり色味を変えたりする事が、如何に危険なことかお解りいただけると思います。だから私たちイースターエッグは、可塑性があり、元の色情報が豊富なRAWモードで撮影し、一枚一枚現像処理をするのです。

イースターエッグのデジタル撮影への思い イースターエッグのデジタルシューティングについて RAW現像について アルバム編集ポリシー 完成アルバムギャラリー
1ビット画像サンプル
1ビット画像
白と黒だけです
3ビット画像サンプル
3ビット画像
8階調の濃淡があります
8bit画像サンプル
8ビット画像
JPGデータにあたります
RAWデータの特性

デジタルカメラは色を、三色の光に分解してそれぞれの光の強弱を記録します。 でも三色で説明すると少しややこしくなるので、今回は三色を均等にミックスした状態、つまり無彩色ベースで説明します。
自然界に存在する明るさイメージ

自然界で無彩色の光は、光の全くない「純黒」から完全に光に包まれた「純白」まで幅広く存在します。その間には無限のグレーが存在しています。実際には「純黒」「純白」は殆ど存在し得ないのです。 さて、ここで「純黒」の状態にほんの僅か光を与えると、限りなく純黒に近いグレーが出来ます。さらに徐々に光を加え続けると、最終的に「純白」に変化する連続したグラデーションが出来上がります。自然界は上のような綺麗な光のグラデーションで成り立っているのです。 しかし、YES or NO(0か1)でしか記録できないデジタル世界では無限という概念が原則として存在できません。これについては本題ではないので説明を省きます。 デジタルカメラは光をYES or NOの2つの選択肢、つまり2の倍数で分解・記録するのだと思ってください。たとえば上のググラデーションをデジタル記録するとき、単純に白か黒(YES,NO)の二つしか選択肢がないとしたら、記録されるデータは下のようになります。
1ビット記録サンプル

1bit画像

もう少し解りやすく、実際の写真にしてみましょう。このように、YES or NO の2種類しか無い状態のデータを1bitデータといいます。さすがにこれを写真という人はいないでしょう。と言うわけで、デジタル写真は光の強弱を更に2で割って4つ(2bit)の階調に、更にそれを2で割って8つの階調(3bit)へ、更に高次のbit数で記録するという方向で進化してきました。

3Bit画像

これが3bit画像です。少し何を撮っているのか解ってきました。しかし、まだ写真と呼ぶにはほど遠い状態です。特に背景はそれが写真であるとは到底思えません。  記録するビット数を更に上げてみましょう。bit数を上げると、画質が良くなることはこのように明らかなのですが、同時に1bit上げるごとにデータ量が倍増すると言う点も見逃せません。たとえば1bit画像が1メガバイトだったとしたら、3bitでは4メガバイトになるのです。これは、記録するメモリーカードの容量を圧迫し、処理するコンピューターに高性能を求める事を意味します。

8bit画像

現在、皆さんが一般に扱うJPGデータは8bit画像です。階調数(グラデーション)は256段となります。このくらいが人の目で階調差を判別できるかできないかギリギリの範囲と言われています。実際、デジタル写真を取り巻く現在の環境(コンピュータ性能、プリンタやモニターの映像出力が8bitであることなど)を考えれば8bitが落としどころでしょう。 が、しかし落としどころというのは最終的・妥協的な解決方であって、途中で、しかも撮影時になされるべきではないと考えます。

それはなぜでしょう? この写真のように露出的に及第点の画像であれば、8bitでまず問題ありません。しかし、実際の現場では、必ずしもベストな、あるいは譲ってベターな露出で撮影できるとは限りません。暗めに写ってしまったり、明るすぎて写ってしまったり、または、黄色みが強すぎたり、青みが強すぎたり・・・。そのいずれの場合も撮影後、コンピュータで画像修正する必要があるのです。この「修正」という言葉が実に厄介で、多くの皆さんは「修正=よくすること」 と思われがちですが、実は全く逆だということを是非覚えておいて頂きたいと思います。

コンピューター上で、ある写真データを明るくしたり暗くしたりするだけで、人間の目に解らないとされる256段無ければならない階調(8bit)は、あっけなく128階調(7bit)に、64階調(6bit)にと言うように損なわれてゆきます。(bit落ちといいます) 見かけ上、ある特定の部分は明るくしたり暗くしたりは出来ても全体として画像は確実に劣化してしまうのです。

そこでイースターエッグはRAW撮影(14bit or 12bit撮影)を行っているのです。14bit撮影では、撮影時に16384階調もの膨大な情報を取り込むのです。そして、画像処理の際には更にこれを16bit(65536階調)に変換して行います。この画像修正に強いデータは圧倒的に高品質なデジタル写真を約束します。 もちろん画像修正を行えば16bitデータであってもbit落ちは発生します。しかし、もともとが65536階調なので、2ビット落ちても約16000階調。人間の目の限界、256階調を優に超えるグラデーションを保てるというわけです。

このようにJPGとは比較にならない頑強なRAWデータで撮影し、一枚一枚を丁寧に完成の絵へと昇華させて行く私どもの姿勢は、フィルムから手焼き写真を焼いているのと全く同じスタンスなのです。

今回は解りやすくモノクロ画像でお話しをしましたが、実際のカラー映像では、明暗だけでなくRGB(赤、緑、青)の色情報も含まれてきます。それぞれに、階調がありますから、8bit画像(通常のjpg)では、256×256×256で約1677万色が表現可能です。この数字はデジタルカメラのカタログにも良く出てくるので、ご覧になった方も多いでしょう。ちなみに16bit処理では約35兆色(実際には15bitの色を使います)という膨大なパレットを使用できるのです!  イースターエッグがなぜRAW撮影にこだわるのか?おわかりいただけましたでしょうか?もっと聞きたいと思われる方は是非お気軽にスタッフにお問い合せ下さい!!

カラーマネージメントシステムに忠実に

皆さんはC.M.S.と言う言葉を御存知でしょうか?最近は「コンテンツマネージメントシステム?」と答えられることがありますが、写真の世界では全く違うものを指します。答えは「Color・Managemant・System」簡単に言うと、「モニターで見たままの色を出力することを目的とする方法論」です。これ実は相当な理論と知識と経験を要します。でも、このC.M.S.の準備なしでRAW撮影しても綺麗な色の保証は全く出来ません。

イースターエッグではRAW撮影はもちろんのこと、下記に掲げるC.M.S.理論を実践しお客様に喜ばれる写真作りを心がけています。

・広色域度&ハードウェアキャリブレーション対応モニターを使用
・月に一度のモニターキャリブレーションの実施
・銀塩出力およびお客様納品用データはs-RGBを用意
・印刷タイプのアルバムではAdobe-RGBベースで作業

これら一連のルーチンは、フォトグラファー自身の学習とイースターエッグが独自のチェックを行うことで確立されています。デジタルの世界はまだまだ変貌し続けていますが、イースターエッグは常にその流れの最先端を歩んでいると自負しています。

難しい事を最もらしく言うつもりはありません。 私たちイースターエッグの目的は「綺麗な写真」と「かけがえのない思い出作りのお手伝い」です。フォトグラファーとして、素晴らしい撮影できることは当たり前。しかし表現者となると、それ以上の知識とスキル、そしてたゆまぬ努力を要求されます。 中・近世の画家、いやアルタミラ、ラスコーの時代から表現者は、顔料や絵筆、タッチ法を独自に研究し、遠近法、抽象法、デフォルメーション、写実法など、常に新しい技術を習得し向上させ続けてきました。  雰囲気や気持ち、そうしたメタファーを視覚化し、新郎新婦に喜んでもらいたいと思う時に、現在に生きる私たちは絵筆や岩壁をカメラとセンサー(フィルム)に変え、それをどう駆使する事がより良いのか?を考え続けます。 つまり、撮影も手焼きもデジタルも全ては目的に向けての手段なのです。是非、イースターエッグのデジタルをご覧下さい!!

モニターキャリブレーションの様子

Contactお問い合わせ

お問い合わせフォームからお問い合わせはこちら
CONTACT24時間いつでも承ります。
お電話からお問い合わせはこちら
TEL.03-5726-8528受付時間 11:00~19:00 (水曜定休)
ページトップへ