Bridal Photo Service EasterEgg

TEL.03-5726-8528

ウェディングフォトにおける表現の自由

We will keep pursuing写真は真実を写すか

写真を英語で「フォトグラフ」といいます。見事な意訳。でも同時に誤訳でもあります。実際には直訳の「光の絵」が近いと思います。感光剤に光をあて、科学反応させ絵を描く訳ですから。ただ「フォトグラフ」には痛烈な弱点がありました。それは撮影のすぐその場で見ることが出来ないということ・・・ カメラは発明以来約2世紀、この根本的なジレンマをかかえたまま進化してきました。20世紀末、革命が起こります。デジタルカメラの登場です。これにより、弱点は解消されたのでしょうか。 感光剤を使うフォトグラフは先に述べた通り、2世紀という長い時間をかけて進化してきました。カメラ、レンズ、撮影技法、などと同時進行でです。より良い「絵」を完成させるための一連のルーティンは歩調を合わせ進み確立してきました。

イースターエッグは「手焼き」のイースターエッグとも言われてきました。とても誇らしい事です。ところで「手焼き写真の目的」はいったい何でしょうか? それは「写真を美しく表現する事」です。つまり手焼きは目的ではなく手段なのです。ですから、それより「美しい写真」を作り出せるなら、手段は手焼きでなくとも良いのです。 話を戻します。

デジタルカメラは最近の15年ほどの歴史で、主にテクノロジーとデバイスばかりが急速に進歩してしまいました。取り扱うフォトグラファーの知識・技法が追いつく前に、次々と新しい手法が産み出されてきたのです。 さらにウェディングフォトに限れば、「すぐ絵を見ることが出来る」「枚数に糸目を付かないでも良い」というメリット面にばかりバイアスがかかったままフォーカスされ、「美しい写真」を叶えるシステムとしては未成熟なまま提供されてきました。

「プリント&アルバム」そして「半永久的保存が前提」であるウェディングにはまだ早い。と言及する者を殆ど見かけなかった事は、あまりに残念な出来事でした。

そして2010年。イースターエッグはデジタルフォト&アルバムも「美しい絵」を標榜するに十二分に足りるに至った。と見極め積極導入を開始しました。

ここに至る7年、つまり会社設立時よりイースターエッグでは、その時点その時点で最先端のデジタルフォトの「いろは」、最新機種の導入、それまで分業だった商業印刷にかかわる知識、コンピュータ・ネットワークの整備を進めてきました。「美しい手焼き写真」を叶えるスキルが一朝一夕で習得できないのと同様に、デジタルフォトでのそれは、まさにゼロからのスタートでした。イースターエッグの極めて強いこだわりは、今後もスピリッツとして受け継がれて行くことでしょう。

イースターエッグのデジタル撮影への思い イースターエッグのデジタルシューティングについて RAW現像について アルバム編集ポリシー 完成アルバムギャラリー

Contactお問い合わせ

お問い合わせフォームからお問い合わせはこちら
CONTACT24時間いつでも承ります。
お電話からお問い合わせはこちら
TEL.03-5726-8528受付時間 11:00~19:00 (水曜定休)
ページトップへ